箱根路【最終日】

芦ノ湖

旅程

宿~箱根神社~九頭龍神社~富士御殿場蒸留所~さわやか御殿場インター店~餃子の拳王~御殿場駅~国府津~自宅

朝食バイキング

昨日に引き続きバイキング朝食。魚の切り身が塩焼き、トマトソース煮、ともう一品位ありました。毎日微妙にメニューが変わっているようで、流石、ホテルに併設したレストランが出してる朝食だけのことはある。エスプレッソマシンがあるのもポイント高い。

盛り過ぎ。特に汁物系。

気まぐれ

朝、快晴と思われた空もホテルをチェックアウトする頃には雲まじりの空へ。芦ノ湖まで山道を登っていくと更に霧も立ち込め・・・。やはり富士山ビューリベンジは別の機会に。

朝一、ホテルの窓から。

箱根神社

昨日、一昨日と訪問を断念していた箱根神社へ。まだ、朝早いけれど第一駐車場はほぼ満車。新型コロナウイルスの影響で御朱印は参拝者持参の御朱印帳には記帳してもらえず、紙での配布。おのれ疫病め。

箱根神社

九頭龍神社

ここ箱根神社から少し離れた場所に九頭龍神社の本宮があるようですが、ちょっと行き辛い場所にあるみたい。箱根神社の横に(たぶん)本宮と負けず劣らず立派な社殿があり、ここで参拝。

九頭龍神社

観光地あるある

芦ノ湖畔に立つ鳥居

コロナでインバウンドは激減しているはずですが、古くからの観光地はそれでも来る外国人観光客は多いようで、芦ノ湖に立つ鳥居の前でインスタ蠅外国人多数。順番待ちの列がどれ程長かろうがお構いなしに団体で撮影大会を延々と開催する様子は「あー、これこれ。」と思わずにはいられない。それでも中華系の観光客はあまり見かけず、東南アジアからの観光客のようでした。

富士御殿場蒸留所

いよいよ天気は下り坂のようで、頑張って山中湖まで行っても富士山は姿を見せてくれそうになさそうだったので、2年弱ぶりにキリンディスティラリー富士御殿場蒸留所へ。

試飲コーナーはテーブルが間引かれて少し寂しい
2019年2月の試飲コーナー

残念ながら、県外からの観光客は工場見学できないらしく、見学棟2階のショップが細々と運営しているのみ。以前来た時にあったウィスキーの試飲ができる一角もテーブルとイスが間引かれて開店休業中状態。おのれ疫病め。

コンセプト「F」

来客用車寄せ前・現在

以前訪問した時からリニューアルが行われていたようで、「F」をコンセプトに押し出している模様。キリンディスティラリー富士御殿場蒸留所から、F・富士御殿場蒸留所へ。新たなブランディングを目指しているみたい。

来客用車寄せ前・2019年2月

さわやかデビュー・・・またも、ならず。

旅程を削った結果、御殿場駅前に予定より2時間も早く到着。これは、あのお店に行くしかあるまい!・・・ということで、御殿場駅近くの「さわやか」へ。
駐車場へ入ると案内のバイト君がいて「ご予約されていますか?予約がまだですと、今から約170分待ちです。」・・・はい?170分って3時間後!?

ネットの待ち時間情報

なんでも、静岡県内にあるさわやかの店舗の中でも一番混雑する店舗らしく・・・さわやか人気をなめてましたわ。ここまで人気があるとは。。
ということで、またもさわやかデビューならず。
げんこつハンバーグへの道は遠く険しい。。

餃定餃定腹餃定(ぎょーていぎょーていはーらーぎょーてい)

レンタカーを返却し御殿場駅に到着すると次の御殿場線の電車まで20分以上ある。さわやかのげんこつハンバーグは断念したものの、せっかくなので駅前で何か昼食を食べたい。と、駅の反対側に餃子推しのお店を発見。「餃子の拳王」というお店。
餃子の拳王というのであれば、餃子が羅王級に美味しいのであろうから餃子定食を注文。

ぎょーてい

・・・これは世に言うところの「W餃子定食」ですね?
餃子の「あん」にも味付けしてあるようで美味しいのですが、12個は流石に多かったかな。

休業予告

なんだか、コロナの所為で一時休業になるらしいですが、頑張って復活してください。

JR東海

御殿場線はJR東海の管轄。国府津でJR東日本と運営会社が変わるので同じ駅構内で乗り換えが出来ますが、JR東日本の管轄駅で乗車して御殿場線内で下車する場合、Suicaで自動改札は通れません。それぞれの駅にSuica端末ぐらい置いたら良いように思いますが、JR東海は東海道新幹線以外の在来線には興味がないんじゃないかと思われ、在来線に設備投資をするつもりはなさそうです。

ポッポ広場

W餃子定食を食べていたら当然20分後の電車に間に合う訳がなく、まぁでも次の電車に乗ればいいや、と思っていたら次の電車は1時間後でした。
かつての主要路線、東海道の面影は今は昔のようで、数分に1本という超過密ダイヤの東海道新幹線に比べてこの本数の少なさと言ったら。。
「箱根八里は馬でも超すが、超すに超されぬ過疎ダイヤ」

あとがき

今回、首都圏から近くて、でも何気に車がないと行き辛い箱根を連休にまとめて観光しました。

箱根神社御朱印

箱根近辺の旅館は総じてお値段が高く、おひとり様向けの宿もあまりないので長らく未踏でしたが、古くからの観光地、首都圏からほど近い立地もあって、寂れた温泉街という印象はなく、日本人からも見直されているのかなと思います。

九頭龍神社御朱印

標高が高いところにあるので、冬は周辺の道路が凍結したり移動が大変ではありますが、芦ノ湖湖畔の温泉宿でゆったりのんびり、一日に何回も温泉に入りに行っちゃう余暇を過ごすのも良いかなぁと思いました。

終わり。

東海関東
スポンサーリンク
deliverichをフォローする
海千山千譚

コメント

タイトルとURLをコピーしました