秋夕旅行・四国高松へ【1日目】

旅程

仁川国際空港~高松空港~高松駅~宿~居酒屋~バー~天下一品~宿

肩透かし

今回は10連休という前代未聞の大型連休となった韓国。昨年の秋夕(チュソク)の連休も仁川空港は尋常じゃない混雑だったので今年はどうなることかと心配しながら、道が渋滞するといけないので空港鉄道を使い、いつもより30分くらい早く到着したのだが、チェックインカウンターの列も対して混んでおらず、いつも鉄板で長蛇の列が出来てる手荷物検査も「列が無い!」結局、出国審査を終えてもまだ1時間半弱搭乗まで時間があるという結果に。思わず余裕かまして、さぼてんでチキンカツ食っちゃったよ。

搭乗まで時間があったので、今回はのんびり、さぼてんのチキンカツ。

朝イチの便ではなかったからなのか、航空会社がLCCだったからか。。

離陸前に背もたれを倒すのはいけないと思います

隣の2席は空席。エアソウルの安全の案内は「いいの?」と思うくらい遊び心にあふれているので動画を撮っていたら、前の席の韓国人が背もたれを倒す。まだ離陸前だっつーの。キャビンアテンダントも気づかず。ちなみに、着陸の際は横2席が空いてるのをいいことにこれまた韓国人の爺さんが我が物顔で座るし。あんたの席はココじゃないでしょうが。まぁ、せっせと動画撮ってる輩が他人のこと言えないか。。

高松空港

着陸前。香川。

韓国の航空会社の日本海表記の誤記にイライラしつつ(東海なんて海は存在しません。)高松空港着。曇り。入国審査が9割9分韓国人。。秋夕パワーおそるべし。高松空港から琴電バスで高松駅まで。結構距離あるな。

高松駅

2度目まして。高松駅。

高松駅外観。何故か顔が。

前回は岡山から電車で来て即レンタカー借りたのだが、玉藻公園とか高松シンボルタワーとか観光したので覚えている。今回は観光しなかった栗林公園もその側のうどん屋もよく覚えていました。

宿

高松駅からすぐの宿。安いしアクセスしやすいので選んだのだが、部屋からの視界ゼロ。

高松ステーションホテルの一室。

どうやってこれだけ隙間なく建物が建てられるのか疑問に思うが、光もささないし出入口はちょっと小さいし、連泊なのに昼は必ず外出しろだし、なんか部屋にうっすら焼肉っぽい香りがするし、で、隠れ家な気分。

居酒屋

高松に住む知人と会食。行きつけと思われる渋めの居酒屋へ。酒も魚もうまい。

メガネ専用って!?

これまた行きつけと思われるバーチックな小料理屋へ。面白い日本酒があると勧められて。

メガネ専用。日本酒です。

スッキリとした飲み口。しかし、日本酒の銘柄というのは本当に面白い。

天下一品

仕事終わりにご一緒してくれた知人と別れ(明日も平日なので)、〆の一杯にうどん屋を探すが、開いてない!(翌日食べ歩きしようとしたときも思ったのだが、香川のうどん屋営業時間短っ!)10時くらいから午後3時くらいまでとか沢山ある。基本的にお昼に食べるのね、と思ったのと、よく一日5時間で出店コストを回収できるなぁと思った。で、あてもなく彷徨った挙句、何故か天下一品。

あー、お酒のあとには澄んだスープのラーメンが良いかも。

遅い時間でしたが繁盛していたので、香川県民はうどんばっかり食べてるわけじゃないらしい。

二日目に続く。

中・四国
スポンサーリンク
deliverichをフォローする
海千山千譚

コメント

タイトルとURLをコピーしました