伊東旅【最終日】

千本浜公園

旅程

宿~千本浜公園~柿田川公園~三島大社~伊豆の国パノラマパーク~天城~伊東駅~熱海~自宅

朝風呂

せっかく温泉宿に宿泊したのだから、温泉入り放題を存分まで満喫しなければ!・・・と思う人は多いらしく、朝食前の6時ごろに大浴場混雑。伊東みんな良い風呂。。

メインディッシュは

朝食・1

いつもはバイキング形式での朝食が売りらしいが、ウイルスの所為で個人ごとに配膳。(わざわざ旅館から事前に個別配膳となることのおことわりの電話があった。丁寧です。
それでも至れり尽くせりな朝食だが、なんか足りない。。と思っていたら、アジの干物が追加で配膳されてきました。

朝食・2

ですよね。

千本浜公園

伊東の観光地は昨日大体回ったし、修善寺、西伊豆、下田も前回回った。ではどこに行く?と考えた末、三島方面を巡ってみることにする。まずは、千本浜公園。前回伊豆旅の御浜崎に似た雰囲気だが、より富士山に近く、浜辺がずーっと続いていて、釣りを楽しむ方々や、堤防沿いをジョギングする方々も。

千本浜公園

昨日よりちょっと春霞で煙っているのが残念。

柿田川公園

富士の湧水の名所。沼津の街中の公園、という感じなのですが、あの(さっき千本浜公園で見た、ちょっと遠い場所にある)富士山の湧き水が、こんな離れた土地に湧き出るというのは、なんだか信じ難い。

柿田川公園・湧水

地球のスケールというのは、人間の感覚とは違うよ、ってことなのかも。

柿田川公園・湧水2

三島大社

まだまだレンタカー返却までは時間がある、ということで三島大社を目指す。・・・が、この辺りから雲行きが怪しくなってきて、大社の周辺は混雑しており駐車不可。参道には出店も出ているようで、これは、思いつきで参拝できるほど甘い考えだとダメかな、ということで、今回は訪問断念。また、次の機会に。

伊豆の国パノラマパーク

前回の旅の起点、修善寺から近いものの、時間切れで来れなかった伊豆の国パノラマパーク。

伊豆の国パノラマパーク

自動車専用道路の上をロープウェイが横切っている。ウイルスの影響で人出は少なそうなのに、ロープウェイは乗車まで10~15分待ち。

ロープウェイ

何故なんだろうと思ったら、通常6人乗りでカップルもお構いなしで2組3組と相席にする運用らしいが、感染防止のため今だけ、他の客と同乗させず、一組ずつ乗車となるらしい。・・・えぇ。おひとり様ですから、貸し切りです。良いでしょう?

富士見テラス

山頂に着いたら、販売用の写真を撮るスタッフがスタンバイ・・・ですが、おひとり様は当然写真どうですか?とも声も掛けられず。うん、別に買わないし、良いけど。
ロープウェイの建物を出ると、即富士山。

富士見テラス

もうちょっと空気が澄んでいれば!・・・と思わずにはいられない。

葛城神社

平安時代からこの地にあるのだそうで。昔はロープウェイもなかったでしょうに。

葛城神社

富士山と相模湾を見渡せる絶景スポットだけに、信仰も深くなっていたのかな。

富士見の足湯

中国武漢ウイルスの影響で閉鎖中。完全に屋外の足湯でも感染リスクあるんかなぁ。

足湯(休止中)

バイキング

下りのロープウェイを待つ間、昨日の大室山のリフトの運行状況を調べてみていたら、「今日は通常運行!?」・・・していたようなのだが、午後から風が強くなってまた、運休しているらしい。(インターネットで状況確認できて便利だ。)
ということで、今日動いているなら行ってみよう、という計画もなくなったので伊豆の旬彩バイキングで昼食。バイキング通常営業しているだけありがたいが、パンフレットのおススメ内容を見ると、若干縮小版で実施されている?

バイキング・1

確かに圧倒的にお客さんが少ない。。

バイキング・2

多分、いつもの連休だったら、握り寿司やチョコレートファウンテンに人だかりが出来ているような時間帯だが、10名程度。おひとり様には逆に肩身が狭くなくていいかも、ということで、あれやこれや食べまくる。

天城

前回来た修善寺の近くに天城というジオスポットがあったことを知り、伊東へ移動する途中に立ち寄ろうとしたが、とにかく修善寺橋の周辺は渋滞して残り時間をじりじり減らしていく。結局、ここも写真撮影は断念。。

渋滞

さて、伊東まで22キロ余り。時間は1時間以上あるし余裕・・・のはずが、宇佐美大仁道路に抜けるまでの道が渋滞。峠道に入ると空いているものの、峠をガンガン攻めるにはクラウンは大型すぎる。(小型車だったら飛ばす訳ではないですが。)ぶつけたら楽しい旅が暗転してしまうので、最後まで慎重に。

踊り子号

サクッとレンタカーを返却し伊東駅へ。

伊東駅

ちょうど10分後位に踊り子号が出るらしい。
伊東駅から先の下田駅までは伊豆急行の路線になるが、伊東駅はJR東日本の管轄らしく、券売機で自由席特急券も買える。次の普通列車を待って、来た時同様に乗り継ぎで帰っても良いのだが、なんだか駅で20分ぐらい待つのも熱海での乗り換えも面倒臭い気分になって、踊り子号のお世話になることに。

踊り子号

旅の終わりに

前回の旅のリベンジだ!と意気込んで旅に出たものの、登れない山はあるわ、時間の関係で訪問を断念する観光地はあるわで、旅下手なのは相変わらず、と思います。

伊豆シャボテン公園から富士山

人出の少ない平日に観光する方が、お値段も安く済むし圧倒的に観光客が少ないハズなので、おそらくもっとパフォーマンスの良い旅が出来そうな気がする。

・・・そんな日が来るのはリタイヤした後ですかね。。

終わり。

東海
スポンサーリンク
deliverichをフォローする
海千山千譚

コメント

タイトルとURLをコピーしました