【雑記】楽天経済圏改悪

目次

どんどん魅力がなくなっていきますね。。

年末の最終権利確定日を控え、そろそろ今年の投資を振り返ろうという時期に、ニュースが飛び込んできました。

①投資信託ポイント進呈条件の変更

あわせて読みたい

これまでは楽天証券で保有している投資信託によって残高10万円ごとに3~10ポイントが毎月付与されていましたが、2022年4月末判定分からは投資残高が一定額をはじめて超えた月に1回だけ付与されるように大幅改悪されます。
投資信託を持ち続けていれば毎月少しずつポイントが貰えていたものが、今後は買い増しするなどして残高が増えなければポイントは貰えません

②マネーブリッジ設定での普通預金金利の優遇金利改定

あわせて読みたい

楽天銀行と楽天証券の間でお金を自動でやり取りするマネーブリッジ設定をしていると、楽天銀行の普通預金口座の金利が年0.1%と、大手都市銀行の100倍になる優遇金利が適用されていましたが、2022年4月1日からは残高300万円までは0.1%300万円を超える部分については0.04%の二段階金利とこれまた改悪されます。

経済圏の移住

楽天経済圏の改悪続きですが、こうも改悪が続くとそろそろ経済圏に愛想が尽きて移住を考えるヒトが出て来そうな勢い。
ブログ著者も移住が頭をよぎりましたが、現在の楽天証券・楽天銀行の利用内容から考えると

  • 保有している投資信託は他(SBI証券等)に移動してもポイントが付かない
  • 楽天銀行の資金残高は300万円以下

という、移住しようにも魅力的な移住先がない状態。
このまま、ゆでガエル状態となるのかな、と若干暗い気持ちになっています。

クレカ積立でポイントが付かなくなったら、流石に熱すぎて飛び出しそうですが、それまでは徐々に熱くなるお湯にどっぷり漬かり過ぎて茹で上がらないよう、半身浴しつつ様子見することになるかと思います。

ではまた。

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

猫派。おひとりさま。旅行好き。2005年頃から優待株投資に目覚め毎月+1銘柄を目標に優待株だけを買い続ける。最近、優待で生活するヒトが自分の理想とかけ離れていることに気が付き投資方針を変更中。目指すはFIRE。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる