修学旅行は熊本【1日目】

旅程

自宅〜熊本駅〜梅の木轟公園吊り橋〜せんだん轟吊り橋〜道の駅子守唄の里五木〜栗野駅〜宿〜味千ラーメン〜スーパーホテル熊本・八代

修学旅行は熊本

長崎県出身のブログ著者。小学生時代の修学旅行は熊本でした。
当時、九州新幹線など影も形もなかった時代。島原~三角にフェリーで渡ってバス移動だった気がしますが、今は21世紀w。
九州新幹線で移動します。

さくら号

とはいえ・・・。人少な。

未だコロナ禍が続いているとはいえ1両に数名しか乗ってない。速達タイプのさくら号でこの人数だと辛いねぇ。

新鳥栖駅~久留米駅

さくら号、速達タイプにもかかわらず、新鳥栖駅の次は久留米駅に停車する。

駅間短っ!(営業キロ7.1km)

新幹線の駅間でこんなに短いのあるの?と一瞬思いましたが、東京~上野(営業キロ3.6km)、東京~品川(同6.8km)と上には上がいる。
ちなみに九州の新幹線で近い駅間というと、新幹線に最安値で乗車できる博多~博多南は8.5km。

梅の木轟公園吊り橋

レンタカーを借りて走り出したもののナビの性能が悪く、目的地はヒットしないし、離合不可の狭い山道を選択するし。。
熊本に着いて最初の観光地がそこ!?』という場所を目指すブログ著者も悪いのですが、木材を積載したトラック2台と極細山道ですれ違った時は泣きそうになったよ

で、やっとの思いで梅の木轟吊り橋。

梅の木轟公園吊り橋

こんな山道を吊り橋を渡りに来る酔狂な観光客は少ないようでほぼ貸し切り。

せんだん轟吊り橋

梅の木轟

ダイナミックな滝に気を良くして次なる吊り橋と滝を目指すも、滝の側へ行く道は通行止め。。

道の駅 子守唄の里 五木

頭地大橋

よくぞこんな山奥に道を作ったな、と思う道を走っていると、渓谷にかかる橋のそばに道の駅。
五木の子守唄で有名?な五木村。
ブログ著者としては、熊本の棒ラーメンを販売する五木食品のイメージ。

栗野駅

山道で時間をとられ、思うように観光が出来ていない!
せっかくここまで来たのだから、と高速に乗って栗野駅を目指す。
高速で宮崎県に入ったり鹿児島県に入ったりしつつ、栗野駅到着。

栗野駅

湧水町という水資源が豊かそうな土地。かつて水俣市からここまで山野線という鉄道が通っていたのですが、高速自動車道が通っていて駅周辺はそれなりに栄えているものの・・・そりゃー廃線にもなるわ。という印象。
本当はここから水俣まで山野線廃線跡を辿るつもりでしたが、日が傾いて断念。

スーパーホテル熊本八代

ホテルのウェルカムバー

温泉付きの宿を選んだら、ウェルカムバー付きで、ソフトドリンクの他に焼酎やらワインやら無料。すごい太っ腹やな。

味千拉麺八代新町店

お店の看板

朝から何も食べなかったので、本日のブレックファスト。
熊本の名物料理というと馬刺しか、ラーメン?ということで、スペシャルセットいただきました。

味千ラーメン・スペシャルセット

秘伝の辛味を足すと更にウマー。
ごちそうさまでした。

温泉付き

ホテルの客室から

洗い場が4つ程のちいさいながらも温泉付き。
この時期に何故か中高生ぐらいの4人組がいて喧しかったが、じきに風呂から出ていき貸切状態。
どんなに良い温泉があっても、どういうお客さんと居合わせるかで評価が全く変わるよね。。

2日目に続く。

九州
スポンサーリンク
deliverichをフォローする
海千山千譚

コメント

タイトルとURLをコピーしました