IBM株スピンオフ

目次

スピンオフ?何それ美味しいの?

米国株投資を始めた頃は個別銘柄を買っていましたが、最近は米国ETFの定期買付で満足しており、当時買い付けた個別株は放置しているのですが、本日見慣れないお知らせが到着しました。

スピンオフの案内

スピンオフとは何ぞや?
どうやら、IBMはITインフラ・サービス事業を分社化し『キンドリル』という新しい会社を作ったので、

IBM株を持ってた株主には保有株5株につき分社したキンドリルの株1株をあげるね。

ということのようです。

単に、分社した会社の株も貰える、というのであれば、『そーですか、ハイ。』で済むのですが、何故か分社後のIBM株も新たに割り当てられたキンドリル株も一般口座に払い出されてしまう(既に払いだされてしまった)ようです。

一般口座に移ったということは、当面売るつもりはないものの売却益が年末調整をした給与所得以外の所得と合計して年間20万円を超えた場合は確定申告が必要になるということ。外国株なので購入時と売却時の為替も考慮する必要があり面倒です。

ネットの書き込みを見ていると「面倒なのでスピンオフ前に売却した。」という方がちらほら。

特定口座に戻したいのですが、そもそも一般口座を使ったことがなく可能なのか分かりません。将来売却する時に備えて調べてみようと思います。

株式投資やっていると色々なことが起こりますね。投資初心者ではないと思うものの、まだまだ知らないことも多いなと実感しました。

よろしければシェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

猫派。おひとりさま。旅行好き。2005年頃から優待株投資に目覚め毎月+1銘柄を目標に優待株だけを買い続ける。最近、優待で生活するヒトが自分の理想とかけ離れていることに気が付き投資方針を変更中。目指すはFIRE。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる